Yさまからの、

御相談をご紹介します。

********************

テレビの

がん治療の特集で

「動脈塞栓術」

を紹介していました。

自分に有効と思い

いてもたっても

いられず

予約を取りました。

先生のご存知の情報を

お知らせくださいませ。

*********************


高橋です。

Yさま。

御相談を

ありがとうございます。

「動脈塞栓術」

が、

「夢のような治療」

のように

ご紹介された

ようですね。

他の患者さまからも

多数

ご相談いただいて

おります。

こういった

患者様の声を受けて

日本乳癌学会でも

乳癌診療ガイドラインを

作成しております。

最新の2015年版 治療編でも

クリニカルクエスチョンNo.24

において解説されて

おります。

「乳癌肝転移に対し

 動注化学療法は

 勧められるか」

これに対し

「乳癌肝転移に対して、

 動注化学療法を

 おこなうべきではない。」

とし、

推奨グレード D

すなわち

「患者に

 不利益が及ぶ

 可能性があるという

 科学的根拠があるので

 実施しないよう

 推奨する。」

となっております。

つまり

乳がん肝転移にたいする

カテーテル治療の

生存期間に与える影響は

不明であること、

最適な使用抗がん剤が

不明であること、

カテーテルのトラブルの

危険性があること、

などを考慮し

日常の診療で

肝動脈へのカテーテル治療は

推奨できないと

結論づけられて

おります。

これまで

順調に経過をされており

病気の制御ができて

いるのであれば

必要ないと

考えます。

大切な治療の

方針決定は

不安にさせられる

情報などに

左右されずに

しっかりと判断して

おこなっていきましょう。

いつも

応援しています(*^_^*)


メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan