腋の下のリンパ節に

再発した場合の

対応が重要です。

 

腋窩リンパ節

単独再発の場合、

初回手術時の遺残の

可能性が高く、

完治を目指した手術は

推奨できる。

 

しかし、

鎖骨上リンパ節再発に

関しては

通常の郭清範囲を

超えており、

報告も少ないため

推奨されない。

 

最近の乳がんの手術は

縮小傾向に

向かっています。

 

患者様も

 

「出来るだけ

手術は受けたくない。」

 

「手術を

受けるとしても

胸は残したい、

あるいは

再建を前提に

考えたい。」

 

「腕が腫れるのが

こわいので

リンパ節も

あまり

取らないで欲しい。」

 

そう

願っています。

 

手術を

小さくすればするほど

がん細胞が

残ってしまう

可能性が

出てきます。

 

かと言って

手術を大きくすれば

良いかと言うと

術後の後遺症が

大きくなります。

 

その中間で

最も良い治療を

選択して

いかなければ

なりません。

 

そして

小さな手術を

おこなった後に

再発が起きた場合には

適切な治療を

受けなければ

ならないのです。

 

腋窩リンパ節の再発について

ご一緒に

考えて行きましょうね(*^_^*)

 

【関連記事】

脇の下のリンパ節再発

リンパ節再発への集学的治療

リンパ節再発のデータ

やはり再郭清か

センチネルリンパ節生検後再発

センチネルリンパ節転移診断

衝撃的な事実

リンパ節の取り残し

鎖骨上リンパ節再発の治療

乳がんリンパ節再発のまとめ

 

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan