センチネルリンパ節転移の

診断方法でも違いが出ます。

 

免疫組織染色で

センチネルリンパ節転移陽性であるが

腋窩温存した場合では、

腋窩リンパ節再発は

観察期間30ヶ月の時点で

1.7%であった。

 

ところが

HE染色のみで

センチネルリンパ節陽性と

診断された場合では

観察期間23ヶ月の時点で

5%と高率であった。

 

顕微鏡検査の際に

どのような方法を

用いるのかで

再発率に差がでます。

 

顕微鏡検査を担当する

病理部。

 

いつも

乳腺外科医は

病理部の先生とも

頻繁に情報交換し

自ら

顕微鏡を覗きに行って

病理の先生方に

御指導をいただくことも

大切にしています。

 

【関連記事】

脇の下のリンパ節再発

リンパ節再発への集学的治療

リンパ節再発のデータ

やはり再郭清か

センチネルリンパ節生検後再発

センチネルリンパ節転移診断

衝撃的な事実

リンパ節の取り残し

鎖骨上リンパ節再発の治療

乳がんリンパ節再発のまとめ

 

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan