抗がん剤治療をおこなうと

傷の治りが悪くなる場合が

あるのです。

 

術前薬物療法は

術後経過の観点からは

創傷治癒の遅延や

易感染性の原因に

なり得ると

考えられるため、

術後治療の遷延にも

つながることが

懸念されてきた。

 

従って

乳房再建が付加

されることによって

有害事象は

一層増加する可能性があり、

その適用については

臨床的なコンセンサスが

得られていないのが

現状である。

 

乳がんが発見された場合

直ちに手術が出来るのか、

あるいは

しばらく順番を

待たなければならないのか。

 

乳房温存手術をおこない

術後放射線治療を

おこなうのか。

 

乳房切除術をおこなって

手術を終了とするのか。

 

乳房切除術に加えて

乳房再建術も

おこなうのか。

 

乳房再建は

切除と同時におこなうのか、

あるいは

2回に分けて

おこなうのか。

 

様々な

検討事項があります。

 

手術前に

抗がん剤治療をおこない

腫瘍を小さくしてから

手術をおこなうことが

今は広く

おこなわれています。

 

その際に

注意しなければいけないのは

抗がん剤治療の影響で

手術の傷の治りが

遅くなる可能性があると

いうことです。

 

その点について、

またお伝えしていきます。

 

【関連記事】

術前抗がん剤治療後の乳房再建

抗がん剤治療と傷の治り

乳房再建の合併症

乳房再建後のインプラント除去

エキスパンダーと局所再発

一次再建か二次再建か

危険を承知で

乳房再建後の生存率

乳房再建の安全性

抗がん剤後の乳房再建への不安

十分な説明を受けたとしても

進行乳がんの再建手術

術前化学療法後の乳房再建のまとめ

 

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan