術前抗がん剤治療後の

乳房再建の合併症について

具体的な数字を

見ていきましょう。

 

Azzawiは同時再建を伴う

乳癌症例171例を対象として、

術前薬物療法を受けた53例と

術前薬物療法を受けていない

118例との比較をおこなった。

 

平均観察期間21ヶ月

(7-64ヶ月)の時点における

術後合併症は、

薬物療法群では

軽症が10%、

重症が9%にたいし、

薬物療法なし群では、

軽症が6%、

重症が9%であった。

 

術後放射線照射の

遷延した割合は

薬物療法群が10%、

薬物療法なし群が11%と

いずれも両群間に差はなかった。

 

術前薬物療法は

一時再建術における

有害事象の増加に

つながらないと

結論付けた。

 

徐々に

術前抗がん剤治療後の

乳房再建に関するデータが

揃ってきています。

 

様々な角度からの

検証は必要ですが

術前抗がん剤治療が

手術に悪影響を及ぼすという

結果は

見られていません。

 

こういった研究の

積み重ねで

患者様は安心して

治療を受けることが

出来るのです(*^_^*)

 

【関連記事】

術前抗がん剤治療後の乳房再建

抗がん剤治療と傷の治り

乳房再建の合併症

乳房再建後のインプラント除去

エキスパンダーと局所再発

一次再建か二次再建か

危険を承知で

乳房再建後の生存率

乳房再建の安全性

抗がん剤後の乳房再建への不安

十分な説明を受けたとしても

進行乳がんの再建手術

術前化学療法後の乳房再建のまとめ

 

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan