後ろ向きの検討とは

過去のデータを振り返り

結論を出す方法です。

 

Liuらは

術前薬物療法が

組織拡張器を用いた

乳房同時再建術に

与える影響を

後ろ向きに検討した。

 

術前薬物療法は

組織拡張器を用いた

二期再建における

合併症を増加させることはなく、

術後経過中、

薬物療法群12例、

薬物療法なし群63例ともに

局所再発を認めなかった。

 

遠隔転移は

前者に1例(術後11ヶ月)、

後者に2例(術後32ヶ月)認めたと

報告した。

 

組織拡張器とは

エキスパンダーと呼ばれ

皮膚を十分に引き延ばし

乳房再建用のシリコンを

挿入しやすくするための

ツールです。

 

エキスパンダーを

留置する手術を始めにおこない、

時期を遅らせて

シリコンを留置する手術を

おこなっても

局所再発は

増加しなかったという

研究結果です。

 

明日も

さらに

研究結果を

ご一緒に確認して

いきましょうね。

 

【関連記事】

術前抗がん剤治療後の乳房再建

抗がん剤治療と傷の治り

乳房再建の合併症

乳房再建後のインプラント除去

エキスパンダーと局所再発

一次再建か二次再建か

危険を承知で

乳房再建後の生存率

乳房再建の安全性

抗がん剤後の乳房再建への不安

十分な説明を受けたとしても

進行乳がんの再建手術

術前化学療法後の乳房再建のまとめ

 

 

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan