危険を承知で

やるのかやらないのか。

 

Huらの

多変量解析における

有意な合併症予測因子は

高年齢、

高BMI、

T3以上の腫瘍、

および

同時再建であった。

 

Huらによると

術後に合併症を

起こす可能性が高い患者様の

傾向があることが

示されております。

 

年齢が高い方、

肥満傾向にある方、

乳がんが5.1cm以上ある方、

乳房切除と同時に

乳房再建を行う方、

です。

 

これらに

あてはまる患者様は

危険を承知で

乳房再建をおこなうかどうかを

ご自身でも良くお考えになって

決めなくては

いけないということが

示されております。

 

【関連記事】

術前抗がん剤治療後の乳房再建

抗がん剤治療と傷の治り

乳房再建の合併症

乳房再建後のインプラント除去

エキスパンダーと局所再発

一次再建か二次再建か

危険を承知で

乳房再建後の生存率

乳房再建の安全性

抗がん剤後の乳房再建への不安

十分な説明を受けたとしても

進行乳がんの再建手術

術前化学療法後の乳房再建のまとめ

 

 

 

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan