一方で

術前化学療法後の

乳房再建について

懐疑的な報告もある。

 

Mitchemらは

術前化学療法を受けた

ステージ2および3 乳癌

120例中、

一次再建を受けた

乳房切除34例を対象に

術前化学療法が

組織拡張器やインプラントの留置に

及ぼす影響を検討した。

 

26例が組織拡張器挿入、

4例がインプラント挿入、

4例が自家組織による

再建をおこなっていた。

 

同時再建後に

38%の症例で

組織拡張器やインプラントの抜去を

余儀なくされた。

 

Mitchemらは

2008年の報告において

術前化学療法後の

乳房再建に対して

疑問を投げかけています。

 

なんと

40%弱の患者様で

乳房再建がうまく

いっていないという

結論です。

 

海外の論文を

年代ごとに振り返り、

乳房再建がどのように

進化してきているのかを

知るのも

とても大切なことだと

考えます。

 

明日も

Mitcemらの報告の

続きをご紹介いたします。

 

【関連記事】

術前抗がん剤治療後の乳房再建

抗がん剤治療と傷の治り

乳房再建の合併症

乳房再建後のインプラント除去

エキスパンダーと局所再発

一次再建か二次再建か

危険を承知で

乳房再建後の生存率

乳房再建の安全性

抗がん剤後の乳房再建への不安

十分な説明を受けたとしても

進行乳がんの再建手術

術前化学療法後の乳房再建のまとめ

 

 

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan