進行乳がんの場合には

安易に決断しないほうが

良いようです。

 

Amoutは

炎症性乳癌を含む

局所進行性乳癌に対する

術式の適用についての

レビューの中で、

局所進行乳癌は

術後照射の可能性も

考慮すれば、

合併症の頻度も高く

インプラント除去の可能性があるため

自家組織を用いたほうが

合併症を減らせると

まとめている。

 

進行乳がんだとしても

方法はあると

いうことです。

 

せっかく

手術をするのですから

成功率は

高めなくては

いけません。

 

極限まで

安全性を求め、

手術の成功率を

可能な限り

高く高くしていくことが

大切ですからね。

 

この場合には

この選択肢は

避けた方がいい。

 

それが

分かっているならば

避けるべきなのです。

 

そういった

シンプルな判断が

意外と大切なのです。

 

【関連記事】

術前抗がん剤治療後の乳房再建

抗がん剤治療と傷の治り

乳房再建の合併症

乳房再建後のインプラント除去

エキスパンダーと局所再発

一次再建か二次再建か

危険を承知で

乳房再建後の生存率

乳房再建の安全性

抗がん剤後の乳房再建への不安

十分な説明を受けたとしても

進行乳がんの再建手術

術前化学療法後の乳房再建のまとめ

 

 

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan