今日はまとめにはいります。

 

術前薬物療法後の

乳房再建については

安全性、根治性ともに

問題ない可能性が高いが、

その見解は

必ずしも一致していないため

慎重に実施されるべきである。

 

やはり

こういったまとめに

なってしまいますね。

 

最終的には

主治医の先生と

相談して

決めてくださいという

ごく

当たり前の結論。

 

でも

それが一番

重要なのです。

 

主治医の先生の

経験だけでなく

これまでの先人たちの

研究成果。

 

それがいわゆる

エビデンス。

 

術前化学療法後の

乳房再建は勧められるが

適用にあたっては

細心の注意が必要である。

 

推奨グレード C1

 

すなわち

おこなうことを考慮

してもよいが

十分な科学的根拠がない。

 

となっております。

 

これらを参考に

ご自身の大切にすることを

中心に

治療方法を決定して

いきましょうね。

 

 

【関連記事】

術前抗がん剤治療後の乳房再建

抗がん剤治療と傷の治り

乳房再建の合併症

乳房再建後のインプラント除去

エキスパンダーと局所再発

一次再建か二次再建か

危険を承知で

乳房再建後の生存率

乳房再建の安全性

抗がん剤後の乳房再建への不安

十分な説明を受けたとしても

進行乳がんの再建手術

術前化学療法後の乳房再建のまとめ

 

 

 

 

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan