いずみさまからのご相談です。

 

先生に話を伺ったら、

以前からあつたけれども、

広がってる。

 

と言われました。

 

多分大丈夫だと思う、と。

 

そう言われても、

癌だったらと頭から離れません。

 

石灰化だと言われてました。

 

メルマガをいただいて、

少し安心はしましたが、

10パーセントの人がなるというのも、

心配です。

 

高橋です。

 

ご相談どうもありがとうございます。

 

そうですよね。

 

10パーセントでも心配ですよね。

 

お話から推測すると

石灰化でカテゴリー3、

ということだと

判断いたします。

 

すなわち悪性の可能性が

10パーセントあるけれど

積極的に

がんを疑う所見はない。

 

ということになります。

 

3−6ヶ月後に

もう一度

マンモグラフィーで確認をおこない

悪性を強く疑う変化があれば

針を使って

疑いを晴らす必要があります。

 

石灰化が広がった場合にも

状況によっては

針の検査(マンモトーム)

をおこなうことが

ございます。

 

主治医の先生に

針生検の必要がないか

念のため

御確認くださいね。

 

安心のための検査です。

 

応援しています(^^)/

 

 

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan