乳がんに対して

何のために

手術前に

抗がん剤治療を

おこなうのでしょうか?

今日は

術前抗がん剤治療

すなわち

術前化学療法、

その目的について

考えてみましょう。

腫瘍径が大きく

乳房温存手術が困難な

浸潤性乳癌で

乳房温存手術を希望する

患者に対しては

乳房温存を目的に

術前化学療法を

勧めてもよい。

推奨グレード B


術前・術後の

化学療法の効果を

比較した

臨床試験のメタアナリシス

すなわち

複数の研究の分析によると

術前化学療法は

術後化学療法と比較して

同等の生存率が

得られ、

乳房切除率の低下が

認められている。

さらに、

化学療法後に

手術を省略

しなければ

局所再発率の

上昇は

認められない。

手術を省略すると

局所再発率の

上昇が確認された。

という分析結果が

得られております。

手術前に

抗がん剤治療を

おこなうべきかどうか、

悩んでいらっしゃるかたが

いらっしゃいます。

様々な知識を

頭の中に

インプットして

判断材料に

していきましょう。

どのような

抗がん剤を

使用すれば良いのか、

明日は

その観点から

考えていきましょうね。

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan