あきさまから

ご不安でいっぱいの

メールが

届きました。

非公開のご希望

でしたが

たくさんの皆様も

同じ悩みを

お持ちですので

内容を一般化して

お伝えいたします。

********************

不安で

たまりません。

触診と

マンモグラフィー、

そして

乳腺エコーを

受けてきました。

触診とエコーでは

問題ないとの

先生のご説明でした。

今日、

マンモグラフィーの

結果だけ届き

「要精密検査」

と書いてありました。

がん

なんでしょうか?

もし万が一

がんだとして

次回の外来まで

1ヶ月。

放置しておいて

大丈夫でしょうか。

もし

かなり

進んだがんでしたら

もっと早く

呼び出して

くださるのでしょうか?

不安で

たまりません。

*********************


高橋です。

あきさま。

御相談を

ありがとうございます。

ご不安で

いっぱいに

なってしまったのですね。

マンモグラフィーを

お受けになった方は

「要精密検査」という

結果を見て

驚いてしまいます。

「要精密検査」

という結果だけでは

具体的に

どのような状態なのか

お答えは難しいです。

ただし

「大至急受診するように」

となっていなければ

多くの場合

カテゴリー3

を意味します。

カテゴリー3

という結果は

正確には

「良性、

 しかし

 悪性を否定できず。」

という内容です。

「悪性を否定できず。」

という日本語も

とても

曖昧ですよね。

実際に

カテゴリー3の

乳がんの確率は

約10パーセント。

低い可能性では

あるものの

油断せずに

しっかりと

検査をしましょうと

いうことです。

乳がんであったとしても

3ヶ月程度で

大きな進行はありません。

最初の検査から

3ヶ月前後で

治療が始まるのが

通常のコースです。

まずは

しっかりと

検査を受けて

結果を確認し

良性であれば

経過観察。

がんであれば

自分の状況に

最もふさわしい

治療方法を

決めていくことが

大切です。

また

ご相談くださいね。

私は

いつでもここにいます(*^_^*)


メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan