かおさまよりご相談です。

 

高橋先生、こんにちは。

ずっと高橋先生の

素敵なメールを愛読しておりました。

ご相談なんですが、

毎年1年に1回、

乳腺の検診に行っております。

今回、マンモとエコーで

新たな石灰化が発見され、

今週MRIをとることになりました。

いろいろネットで調べてみると、

ある先生のブログにたどり着き、

それには、良悪の判断はMRIではできないので、

まったくの無駄な検査だ、

マンモトームをするべきだ、とありました。

私も、最終的な判断は

細胞検査が必要であることは

理解しておりますが、

今回はMRIを受けるので、

本当にこの検査でいいのか疑問が出て来ました。

3年前にもひっかかり、MRIを受け、

それから今まで経過観察で、

その時も細胞の検査まではしていません。

今回も新たな石灰化発見ということで

ブルーな上に、

かなり動揺しております。

この病院は、

マンモとエコーを同時にしてくださり、

かなり信頼していたのですが…

病院を変わった方がいいでしょうか?

高橋先生はどう思われますか?

この病院はおそらく

マンモトームがないのでは、

と思われます。

やはり、MRIは無駄な検査なのでしょうか。

お忙しいところ申し訳ありません。

ご意見をお聞かせいただければ幸いです。

 

かおさま。

ご相談どうもありがとうございます。

 

ご不安になってしまいましたね。

乳房のMRI検査は、

原則として

乳がんが確定されたのちに

乳がんの広がりを確認するためには

有意義であると考えます。

 

良性か悪性かの判断を

乳房MRIに頼ることは

信頼性が低くなるのは事実です。

 

乳房MRIは確定診断前に

参考にはなると思いますが

診断を確定するためには

マンモトームが必要と考えます。

 

主治医の先生に

マンモトームをお受けになりたいという

ご希望をお伝えくださいませ。

 

乳房MRI検査が迫っているのであれば

乳房MRIの結果は

参考にはなると考えますので

お受けになってください。

 

時間的な猶予があるのでしたら

マンモトームの受けられる施設に

ご相談に行かれるのが

良いかと存じます。

 

少しでも

お役に立てましたら

嬉しいです。

 

応援しています(*^_^*)

 

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

メディ通信は

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan