マリさまからご相談です。

 

高橋先生はじめまして。

最近こちらのサイトを知りました。

温かく丁寧なコメントを見て、

わたしも質させて頂きたく思いました。

宜しく願いします。

私は2年前に

右胸の部分切除をしています(ステージ2B)。

センチネルリンパが陽性だった為、

レベル1郭清した結果、

8分の1が陽性とのことで

結局センチネルの1つだけが陽性という事でした。

 

その後抗がん剤、放射線をして

現在ホルモン療法中です。

 

数ヶ月前から

術側のワキ下くぼみから2、3センチ下のあたりに

少し膨らみを感じました。

仰向けになって手を挙げると

わかりにくいのですが、

前屈みになって腕を挙げると小さな固まりを感じます。

小さな楕円の形のようにも思います。

痛みは全くありません。

前回主治医にエコーしてもらったところ、

「液状の固まりみたいだから

大丈夫でしょう」と言われました。

 

今回も願いしたところ、

「大丈夫そうだと思うけど一応細胞診してく?」

というとこで細胞診しました。

実際に針を刺すと硬くて

細胞がよく取れなかったようで2回やりました。

現在結果待ちです。

なのですが、

以前、別の乳癌サイトで、

えきかリンパのしこりはエコーでわかりやすく、

手ではあまり触れないと書かれていたのですが

そうなのでしょうか。

今回の小さな固まりは

どんな可能性が考えられますか?

首の右うしろ側にも

最近小さい固まりを感じます。

左に曲げるとよりはっきり感じます。

両アゴの下にも違和感があります。

リンパ転移をすると

どんな自覚症状があるのでしょうか。

変な質ばかりで申し訳ありません。

結果を待つ間

どうしても不安ばかり出て来てしまい、

せずにいられませんでした。

宜しく願い致します。

 

高橋です。

ご相談どうもありがとうございます。

ご不安なのに

お返事が遅くなりごめんなさい。

 

乳房温存手術をおこなったり、

脇の下のリンパの郭清をおこなったあとは

脂肪成分が硬くなったり

切除してできたスペースに

液体が貯留して

固まりのように触れたり

することは

良くあることです。

 

リンパ節の再発であれば

マリさまのおっしゃるとおり

いきなり触れるというよりは

エコーで定期検査をしたら

数ミリのリンパが写った、

という形で発見されることが

多い印象です。

 

リンパ節再発を疑えば

現在お待ちになっている

細胞診をおこなうことが

一般的です。

 

ひとの身体には無数のリンパ節が

ございます。

 

私のあごの下にも

腫れているリンパ節があります。

 

リンパ節は正常でも

皮膚の上から触れることは

良くあります。

 

ひとつひとつが

ご心配になってしまうのは

とても良くわかります。

 

今はまずは

検査の結果を待ってみましょう。

 

リンパ節転移を疑うけれども

はっきりと診断がつかない場合には

ホルモン治療を継続しながら

3−6ヶ月経過をみることも

一般的です。

 

時間の経過とともに

小さくなるのか、大きくなるのかを

しっかりと見極めて

再度細胞診をおこなうという

選択肢がございます。

 

もしご不安が強すぎれば

PET-CT

diffusion MRI

といった方法で

全身の検査をおこなうことも

ひとつの安心材料です。

 

しかし不安のあまり

過剰の検査は禁物です。

 

時間の経過とともに

解決出来ることも

たくさんあります。

 

まずは落ち着いて

検査結果をお待ちくださいね。

 

これからも

マリ様を応援しています(*^_^*)

 

 

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

メディ通信は

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan