マリエ様からのご相談です。

高橋先生、

初めてご相談させていただきます。

人間ドックのエコーで

左胸に6㎜のしこりが見つかり、

乳腺クリニックで細胞診断を受けました。

結果はカテゴリー3のグレー、

がんの疑いは否定できない

というものでした。

 

ドクターから

確定診断を受けたいのなら、

マンモトームか外科的生検をすすめられています。

(しこりが小さいので針生検は

 的を外す恐れがあるとのこと)

さらに

もしもマンモトームをするなら、

しこりの元の位置が

わからなくなることも考えて、

事前のMRI もすすめられました。

 

一方、しこりが小さいので

暫く何もせず、

2~3カ月後に再度エコーで様子を見る

という案も出され、

いずれにするか迷っています。

 

高橋先生のご意見を

お聞かせ願えれば助かります。

よろしくお願いいたします。

 

高橋です。

ご相談どうもありがとうございます。

 

6mmのしこり自体が

どのような形をしていて

どのような色合いなのかによって

経過観察で良いのかどうかの

判断は変わります。

 

形がいびつで

球形に近いのであれば

より悪性の可能性がございます。

 

形がきれいで

平べったい形をしていれば

経過観察をするほうを

選びます。

 

ただし6mmあれば

針生検は可能であることが

多いです。

 

マンモトームの方が

技術が必要です。

 

先生の経験や

画像診断の状況によって

選択肢は変わってきます。

 

いきなりマンモトームや

外科生検ではなく

経過観察か、

針生検が可能なクリニックに

ご依頼をするのが

良いかと存じます。

 

先生にもう一度

悪性を疑う根拠をお聞きし

針生検を一度受けてみたいと

いうことを

お伝えしてみてくださいね。

 

納得できれば

MRIやマンモトームを

お受けになっても

良いでしょう。

 

答えは一つではありません。

 

どうしてもご不安であれば

セカンドオピニオンを

お受けになってみても

良いかと存じます。

 

応援しています(*^_^*)

 

 

 

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

メディ通信は

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan