小夜ちゃんさまからご相談です。

 

高橋先生こんにちは。

いつも拝読し勇気をもらっています。

私は乳がんで

乳房温存術の円状部分切除を行いました。

取ったものには癌はなかったです。

浸潤癌4mmでステージ1
リンパ節2個取って全て転移なし
ホルモン受容体(-)
HIR2 (-)
Triple Nogative乳癌

術後補助療法として放射線25回予定です。

4mmなので抗がん剤をするメリットが

一般的にはないと

言われているそうです。

しかし調べると

トリプルネガティブ乳がんは

タチが悪いがんタイプみたいなので、

抗がん剤をした方がいいような気もします。

とても悩んでいます。

是非アドバイスをお願いいたします。

 

高橋です。

ご相談どうもありがとうございます。

 

トリプルネガティブ乳がんの情報が

インターネット上にたくさんあり

不安になってしまいますよね。

 

浸潤範囲が4mmであれば

規約による分類ではT1aとなりますので

抗がん剤は必要ないとされています。

 

さらに数字で判断するのであれば

悪性度をあらわす

Ki-67のデータを先生に

御確認してみてくださいませ。

 

Ki-67の数値が高い場合には

抗がん剤を考慮する可能性が

ございます。

 

いずれにしても

再発を防ぐことが目的です。

 

後悔の無いように

先生とも十分にご相談して

納得して治療を

選んでいってくださいね。

 

応援しています(*^_^*)

 

 

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

メディ通信は

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan