乳房の針生検の結果、

HER2陽性(ハーツー陽性)

と言われた患者様が

手術前に

どのような治療を

受けておくべきかを

考えていきましょう。

HER2陽性原発乳癌に対して

術前化学療法をおこなう場合

化学療法薬と抗HER2薬の

併用は勧められるか。

化学療法薬とトラスツズマブの

併用は勧められる。

(推奨グレード A)

化学療法薬とトラスツズマブ併用の

有用性は確立されており

グレードA(確実)

とされている。

術後治療の結果から

トラスツズマブが

予後を改善する効果は

化学療法薬との同時併用が

順次併用よりも高い

と考えられる。

術前療法をおこなう場合は

化学療法薬と抗HER2薬は

同時併用することが

勧められる。

腫瘍径が小さく

温存手術可能な

場合も、

術前化学療法と

術後化学療法の比較では

予後に差が無いため

術前に

化学療法と

抗HER2薬の併用を

考慮してもよい。

以上から

術前治療として

抗HER2薬と化学療法薬の

併用は推奨される。


乳がんは

針の検査で

性格を分析したのちに

それぞれの特徴に

合わせて

治療を

組み立てていきます。

たくさんの選択肢が

あるように

考えられていますが

実際には

性格によって

おのずと

振り分けられて

いくのです。

選ぶべき道を

どんどん

絞っていくことは

とても大事です。

主治医の先生に

教わりながら

あなたにとっての

最善の治療を

選んでいけば

良いのです。

明日は

いくつかある

抗HER2薬について

考えていきましょう。

それでは

今日はここまで(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan