ホルモン治療における

内服治療と

注射の治療。

その役割について

お届けしています。

化学療法との比較で

卵巣機能抑制プラス

タモキシフェン併用療法が

引き合いに

出されています。


LH-RHアゴニスト

単独あるいは

タモキシフェンとの併用が

化学療法(主にCMF)

と同等の効果であると

報告されています。

ZIPPにおいては

タモキシフェン単独療法

に対する

タモキシフェンに

LH-RHアゴニストとの

併用療法の

優越性は示せなかった。

しかし

化学療法をおこなった

40歳以下の患者群に限ると

再発や死亡のリスクを

有意に改善する可能性が

示唆されている。

タモキシフェンと

LH-RHアゴニストの併用は

タモキシフェン単独と

比較すると

35-40歳以下や

化学療法後に

卵巣機能が回復した患者には

再発抑制効果を認める。

しかし

更年期症状、

性機能障害、

骨粗鬆症などの

有害事象が増加するため

適応を良く考えて

使用する。

内服と注射の

どちらがいいか、

ではなくて

上手に組み合わせて

最良の効果を得ることが

大切です。

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan