閉経前と閉経後で

ホルモン治療は

異なります。

体内における

ホルモンの動きに

違いがあるからです。

一番難しいのは

50歳前後の女性です。

閉経しているのか

閉経していないのか

とても判断に迷います。

その場合に

参考にするのは

採血のデータなのですが

それも確実ではありません。

閉経か否かは

血清FSH(卵胞刺激ホルモン)値

血清エストラジオール値

を参考にして

臨床的に判断することが多い。

しかし

タモキシフェンを

投与すると

FSHが時に上昇するため

月経状態の判定が

血液検査の結果からでは

困難である。

従って

40歳以上の患者であっても

化学療法後に

月経が継続している、

あるいは

再開した場合には

LH-RHアゴニスト追加を

考慮しても良い。

このように

閉経前と閉経後で

正確に判定し

内服薬を選択するのは

やや困難となっています。

明日は

閉経前と閉経後の

内服薬の使い分けを

御一緒に

考えていきましょうね。

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan