閉経後ホルモン感受性乳がんの

患者様に対して、

タモキシフェンから

アロマターゼ阻害薬に変更し

その後

何年間内服を

継続すべきか。

それは

多くの患者様の

悩みです。

タモキシフェンを

5年間投与後の

アロマターゼ阻害薬の

順次追加投与は

有効である。

アロマターゼ阻害薬の

追加投与期間については

3年間または5年間

となっている。

5年以上の投与

については

今後の臨床試験の結果が

待たれる。

現在

わが国において

アナストロゾール5年間

アナストロゾール10年間

比較する臨床試験、

N-SAS BCO5;AERAS

がおこなわれ

2012年末までに1700人の

登録が終了し

2017年まで研究が継続中である。

現在

アロマターゼ阻害薬を

内服している皆様が

次世代の治療を

担っているのです。

「私たちが

 乳がん治療の

 歴史を塗り替えていく。」

そんな

熱い想いで

治療を継続なさって

くださいね。

5年か、10年か。

結果がでるのは

まだ少し

先になりそうです。

今後も

論文発表の動向に

注目していきたいと

思います。

ホルモン治療に関する記事は

こちらです。

「タモキシフェン5年か10年か」

→ http://blog.smile-again.net/336

「なぜ卵巣の働きを抑えるの?」

→ http://blog.smile-again.net/337

「ホルモン治療の内服と注射について」

→ http://blog.smile-again.net/340

「抗がん剤で閉経」

→ http://blog.smile-again.net/342

「閉経前か閉経後か」

→ http://blog.smile-again.net/345

「タモキシフェンからアロマターゼ阻害薬へ」

→ http://blog.smile-again.net/346

「閉経の判断基準」

→ http://blog.smile-again.net/348

「閉経前乳癌へのアロマターゼ阻害薬」

→ http://blog.smile-again.net/351

「閉経期におけるアロマターゼ阻害薬」

→ http://blog.smile-again.net/352

「慌てないでアロマターゼ阻害薬」

→ http://blog.smile-again.net/353

「アロマターゼ阻害薬とタモキシフェン」

→ http://blog.smile-again.net/356

「アロマターゼ阻害薬へスイッチ」

→ http://blog.smile-again.net/357

「5年後のホルモン治療」

→ http://blog.smile-again.net/358

「閉経後ホルモン治療5年後の選択肢」

→ http://blog.smile-again.net/359

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan