みくさまが、

ご相談をくださいました。

***************************

ホルモン療法についての質問です。

5年前に右乳房全摘後再建、

ルミナールAでゾラデックス3年、

タモキシフェン5年のホルモン療法のみとなり、

最近になりタモキシフェンは

3年延長することに決めていました。

ところが、

今年、子宮内膜異型増殖症と診断され、

子宮・卵巣・卵管の全摘をしたところ、

病理の結果、

ステージ1aの体癌が

発見されてしまいました。

タモキシフェンによって

子宮体がんのリスクが少し高くなることは

承知していましたが、

やはりショックでした。

定期健診をしていたおかげで

早期発見出来たことは良しとして、

今は気持ちを切り替えています。

今後の治療について

乳腺の主治医に相談したところ、

1.くすりを中止する。

2.タモキシフェンを続ける。

3.AI剤に変更する。

4.トレミフェンに変更する。

という選択肢をあげられました。

薬はもう少し続けたいのですが、

子宮体がんの原因となった

タモキシフェンを続けるのに

不安があると伝えると、

タモキシフェンが

体癌(どこかに残っているかもしれない)に

直接影響を及ぼすことは無いので

続けても大丈夫だが、

いやならトレミフェン(フェアストン)に

変えてみますかということで、

1か月飲んでみることになりました。

(閉経になったからAI剤に変えるという

エビデンスは無いとのことでした。

選択肢としてはあるけれど。)

しかしトレミフェンもタモキシフェンも

ほぼ同じような薬なので、

タモキシフェンが子宮体がんに影響無いなら

変える必要もないのかとも思い、

悩んでいます。

私のような場合、

一般的にはどのような治療が

行われているのでしょうか?

今後も

乳がんの再発を予防するためには

何が最善の選択でしょうか?

最後は

自分で決めなければならないのでしょうが、

参考になるご意見も伺えればと思い

ご相談しました。

よろしくお願いいたします。

****************************


高橋です。

みくさま。

ご相談ありがとうございます。

突然の子宮がんの診断。

驚かれたことでしょう。

少しでも

お力になれましたら幸いです。

子宮体がんの発生頻度は

一般的には

10年間で

1000人に2人

ですが、

2年以上の

タモキシフェン内服により

1000人に6人へ増加すると

報告されています。

これに比べて

タモキシフェンによる

乳がん予防効果は

5年間の内服で

1000人のうち

152人が乳がんの再発を

まぬがれて

109人は死亡から救われると

報告があります。

このリスクを

比較した結果

タモキシフェンによる

乳がんの予防を

選択することが多いのです。

先生のおっしゃるとおり

子宮体がんのリスクは

子宮があれば上昇しますが

子宮が存在しなければ

タモキシフェンを中止にする必要は

ないと考えます。

トレミフェンも

タモキシフェン同様に

子宮体がんのリスクはあります。

一方、

卵巣摘出をされているので

今は閉経状態と

考えられます。

以上を総合的に判断すると

アロマターゼ阻害薬の内服も

視野に入ってくるでしょう。

乳がんの再発予防としては

ホルモン療法継続が望ましい。

子宮体がんの再発予防としては

タモキシフェンやトレミフェンは

影響はないと考えますが

不安な気持ちは残ります。

卵巣が摘出されていることを

考えると

アロマターゼ阻害薬を

考慮してもいい。

タモキシフェン10年間内服よりも

タモキシフェン5年内服プラス

閉経後アロマターゼ阻害薬5年間の方が

再発リスクを下げると

報告されております。

主治医の先生と

ややご意見が異なってしまいますが

タモキシフェン5年後で

閉経状態であれば

アロマターゼ阻害薬を

選択するのもひとつだと

考えます。

すべては

可能性のお話です。

やはり

最終的には

みくさまが

最も安心できる選択肢を

選んでくださいませ。

どの選択肢を選んでも

再発率をゼロにすることは

できません。

でも

再発したり

他のがんになったとしても

またその時点で

一生懸命考えて

最善と思う選択肢を

選んでいけば良いのです。

ご相談

どうもありがとうございます。

これからも応援しています(*^_^*)


メルマガでは

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan