あやさまから、

ご相談をいただきました。

***************************

30代の主婦です。

乳がんの診断で

右乳腺を全摘し

現在ホルモン治療を

おこなっております。

リュープリン3年間注射、

タスオミン5年間内服し

まもなくタスオミンが終了します。

二人目の子どもが欲しいと

思った矢先の病気だったので

治療が終わればぜひ

妊娠を希望しております。

主治医に相談したところ、

術後に妊娠・出産したからといって

再発のリスクが高くなるわけではない。

と言われました。

出産してもしなくても、

再発する人はするし、

しない人はしないでしょうと。

主治医曰く、

私のがんは、

いわゆる「たちの悪いがんではない」

とのことです。

2人目はほしいです。

夫も娘も望んでいます。

しかし、再発などの不安もあります。

どうしたらよいでしょうか。

****************************


高橋です。

あやさま。

ご相談ありがとうございます。

これまで手術や抗がん剤、

ホルモン療法を

頑張ってきたのですね。

素晴らしいです。

つらいこともあったと思いますが、

元気に過ごされていて嬉しいです。

乳がん術後の妊娠

についてのご相談ですね。

最近の報告では、

妊娠や出産が乳がん再発の原因に

なることはありません。

ホルモン療法については

5年間

タスオミンやノルバデックスを内服して

さらに再発予防のために

継続することもあります。

現在は5年内服が基本ですが

10年内服が良い

という意見もあります。

今のところは

5年間で内服終了で

良いと考えます。

タスオミンやノルバデックスは

キチンと終了してから

妊娠しないと

赤ちゃんに問題を引き起こす

可能性があります。

なかなか答えを見つけるのは

難しいと思いますが

娘様のためにも

ずっと元気なママで

いてあげてくださいね。

また何かございましたら

御相談くださいね(*^_^*)

これからも応援しています。


メルマガでは

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan