ちよさまから、

ご相談をいただきました。

***************************

今まで術後

定期検査で

一年に一回

マンモグラフィーと

超音波検査を

実施していたのですが、

去年

超音波検査を実施して、

その後検査は

マンモグラフィーだけ

になりました。

また昨年までは

腫瘍マーカーの

CEAとCA-15-3を

3ヶ月から6ヶ月に1回

検査していたのが、

今年に入り

しなくてよいと

いわれました。

乳がんが発覚するまで

定期的に検査を受け

線維腺腫だと

言われ続けてましたが、

マンモグラフィーではなく

超音波検査で

乳がんが見つかりました。

定期検査のメニューが

このままでよいのか

不安です。

Yasuu先生であれば、

私のような場合、

どのような術後検査を

実施されますか?

たいへんお忙しいところ

申し訳ありませんが、

どうぞよろしく

お願い申し上げます。

****************************


高橋です。

ちよさま。

ご相談

ありがとうございます。

病院によって、

定期検査の間隔は

異なります。

そしてそれが

患者様を不安に

させてしまいます。

私は一般的には、

手術直後は

半年に一回の

腫瘍マーカー、

乳腺エコー、

腹部エコー

そして

胸腹部造影CT検査を

おこなっています。

病状によって

患者様ごとに

対応は違うこともございます。

2年が経過した後は

1年ごとの検査に

しておりますが

3ヶ月ごとの診察では

触診をおこなっています。

先生によっては

ムダな検査だ、

とおっしゃる場合も

あるかと思います。

でも、私は

自分の家族だったらこうする、

という方法を

おこなうようにしています。

定期検査については、

先生と患者様が話し合って

両者が納得出来る方法で

おこなっていくのが

良いと思っています。

もちろん毎月

レントゲンに被曝する必要は

ないと思います。

まだまだ

賛否両論のあるところです。

くれぐれも、

「高橋はこう言っていたけど、

 どうなっているんですか?」

なんて

主治医の先生に

おっしゃらないように

お気をつけくださいませ。

主治医の先生との関係が

一瞬で崩壊する可能性が

高いですからね。

あくまでも

高橋個人の意見と

お受け止めくださいね。

これからも応援しています。

お困りの時には、

ご相談くださいね。

主治医の先生との

おつきあいについて

メルマガの

付録プレゼントの

小冊子にて

詳しくお伝えしています。

→ http://smile-again.net/report/


在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

メルマガでは

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan