まるさまからの、

ご報告をご紹介します。

********************

高橋先生

こんばんは

介護付有料老人ホームに

勤めておかげさまで

半年になります。

先日、

七夕祭りの短冊を

ご入居

なさっている皆さまに

書いていただきました。

「家に帰りたい」

と何人もの方が

書かれました。

中でも普段から

「家に帰りたい」

と言っておられる方が

います。

毎日

言っておられます。

本当に帰りたい、

こんなに帰りたいのに

帰る事は

叶わないのですね。

だんだん私も

悲しくなって

しまいます。

夢でもいいから

車椅子を押して

一緒に帰ってあげたい、

と思ったりして

しまいます。

老人ホームだって、

へルパーさん達が

頑張ってくれるから

居心地は決して

悪くはないはず。

それでも

家に帰りたいのです。

そう訴えながら

流す涙をふく指先の

細いこと。

素敵な

在宅医療もあるのに。

患者さんが

待っておられるお宅へ

車を走らせる

高橋先生の事を

思い浮かべながら、

涙のメールを

してしまいました。

*********************


高橋です。

まるさま。

ご報告を

ありがとうございます。

やっぱり

お家は一番ですよね。

様々なご事情で

やむを得ず

ご自宅へ戻れない方が

たくさん

いらっしゃいます。

そんな皆様を

いかに

ご満足

いただきながら

守っていくのか。

それを

考えて実行していくのが

施設の皆様の

大切な役割です。

ご自宅では

ひとりぼっちの皆様でも

訪問診療、訪問看護

そして

介護の皆様で

守っていくことが

できます。

でもどうしても

ひとりぼっちの

時間は

出来てしまいます。

施設では

必ず誰かが

いてくれる安心感が

あります。

それぞれに

良い所と足りない所は

あります。

大切なのは

それぞれのスタッフが

入居者さまや患者さまが

充実した時間を

しあわせに過ごして

いただくお手伝いを

心をこめて

することです。

どこにいても

「ここにいて良かった。」

と思っていただける

環境作りを

私も継続してまいります。

まるさまも

いつもの

優しい笑顔で

入居者さまを

包み込んでいる様子が

目に浮かびます。

頑張って

いらっしゃいますね。

これからも

応援しています(*^_^*)

また御報告

くださいませ!


メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan