Aさまからの、

ご相談をご紹介します。

********************

主治医の先生に

「乳がんは全身病」

と言われました。

「乳がんは全身病」

とは、

どういう意味でしょうか?

勉強不足ですいません。

よろしくお願いいたします。

*********************


高橋です。

Aさま。

ご相談

ありがとうございます。

19世紀後半から始まった

乳がんの近代医療。

当初は、

一生懸命手術で

乳がんを摘出することに

医師たちは

全力を注いできました。

乳房切除だけでなく、

大胸筋まで切除したり、

リンパ節や神経なども

すべて切除し

腕が上がらなくなるような

激しい手術まで

行われていました。

しかし・・・・

どんなに激しい手術をしても

再発や転移が

起こってきてしまうのが

乳がんなのです。

つまり乳がんは、

胸の中に発生した時点で

全身に流れ出している

可能性があると

考えざるを得ないのです。

ですから手術は

もちろん大切ですが、

その後の治療も

大切なのです。

それが「全身病」

という意味です。

でも決して

乳がんになったら終わり

という意味ではないのです。

全身病であることを理解し、

きちんとした治療を

長期間受けていないと

つらい思いをすることに

なってしまう、

というように

お考えになってくださいね。

長期間

ひとりで頑張る必要は

ありません。

素敵な仲間を見つけて

ともに声をかけあいながら

歩いていくことが

大事です。

少しでも

私がお力になれましたら

嬉しいです。

これからも

応援しています(*^_^*)


メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan