Sさまから、

断端陽性に関する

ご相談メールを

いただきました。

***************************

はじめまして。

先生のブログは知っていましたが

今回思い切ってメールしました。

今年、非浸潤乳管癌の診断を受け、

乳房温存手術を受けました。

これから放射線治療が始まります。

病理結果のときに断端陽性でしたが

追加切除なしで良いといわれましたが

心配になってきました。

範囲も6,6㎝と広い範囲でした。

主治医の先生を信用していないわけではありませんが、

もう一歩突っ込んで質問できませんでした。

このままの治療で大丈夫でしょうか。

 
****************************


高橋です。

ご相談どうもありがとうございます。

先生のおっしゃるとおり

「非浸潤がんの断端陽性」に対し

最近は

「放射線治療の追加で良い」

という考え方もございます。

しかし

広範囲の広がりを持つのであれば

「追加乳腺切除」

または

「皮下乳腺全摘」

あるいは

「乳房切除」

が望ましいと考えます。

もしご不安であれば

先生に

「他の選択肢はございませんか?」

とお尋ねになってみてくださいね。

その際にもご自分の中で

「がんがたくさん乳房内に残っている可能性」

「がんが実際はほとんど残っていなかった場合。」

「切除したのに、残ったがんはゼロである可能性。」

など、様々な可能性も考慮し

決断をなさることが大切です。

そして決断したのなら

後悔しないことです。

またご不安な時には

ご相談くださいね。

応援しています(^_-)-☆

よろしくお願い申し上げます。


メルマガでは

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan