KUMIさまから、

検診結果

についてのご質問です。

***************************

自治体の乳がん検診(マンモグラフィ)を

受けました結果が

一次検診マンモグラム読影所見に

局所的非対称性陰影あり

悪性を否定できず…

と書いてあり、

マンモグラム

二次読影所見のところには

局所的非対称性陰影はなしで

異常なし。

総合的にも異常なし

と書かれているのですが、

特に再検査などする必要はないでしょうか?

尚、先立って

別の医療機関にてエコーを受けました際には

異常はありませでした。

乳がんは女性に

とても多い病気なのでとても気になります。

このままで大丈夫なのでしょうか?

何かアドバイスをいただけると幸いです。

よろしくお願いします。

****************************


高橋です。

おはようございます。

ご相談ありがとうございます。

マンモグラフィーに関する

ご相談ですね。

自治体検診の

マンモグラフィーは

まずは

各病院の先生が

マンモグラフィーをご確認になって

気になるポイントを記載します。

その結果を

医師会の読影スタッフに送付し

2-3人の読影医師によって

議論しながら

最終判定をおこないます。

従いまして、

今回の結果は

病院の先生は

局所的非対称性陰影

を疑いましたが、

医師会の読影スタッフの間で

検討した結果、

「異常はみられない」

従って

総合判断は「異常なし」

となったのです。

この場合には

医師会での判定結果を

信頼してよいのです。

局所的非対称性陰影を

疑った場合でも

エコーで確認して

問題なければ

精密検査は終了となります。

いずれにしても

今回の結果は合格と

いうことになりますね。

おめでとうございます。

引き続き

検診をお受けになって

くださいね。

応援しています!


メルマガでは

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan