ゆきさまから、

良性のしこり

についてのご相談です。

***************************

以前、石灰化のことで

ご相談申し上げました。

その後は年に一度の検診になり、

石灰化の部分も小さく

そして数も減ってきたとのことで

安心しておりました。

ところが今年の検診で

石灰化のあった左胸に

4ミリほどのしこりが見つかり

その場で細胞診(針)を行いました。

結果は結論から言うと良性、

採取した組織が少量だったとのことで

いささか不安が残ったのですが、

先生がおっしゃるには

間違いなくしこりの組織を採取されての結果なので

再検査はひとまず必要ないとのことでした。

3ヶ月後に再びエコーで変化がないか

検査することになっています。

そのとき質問できなかったことを

先生にお聞きしたくてメールしました。

まず、

1 良性のしこりは悪性に変化することがあるのか?

  また悪性に変化させない方法はありますか?

2 良性のしこりはずっと残るものなのか?

  小さくなって消えることもあるのでしょうか?

乳がんについてもっと勉強しなくては・・・

と思っています。

石灰化の時もそうなのですが、

検査で引っかかると急に不安になります。

どうぞご回答の程よろしくお願いします。

****************************


高橋です。

ご相談ありがとうございます。

検査ご苦労様でした。

良性のしこりは

一般的に

悪性に変わることはありません。

しかし

しこりを検査するときに

針を刺せる部分は

しこりのごく一部ですので

全体のうちのごくわずかの組織で

全体像を推定することになります。

施設によって

針生検の正確な診断の割合が

異なってきます。

針の検査の正確度は

施設によって

70%から95%まで

様々です。

3ヶ月後に検査をおこなうのは

こういった針生検の不確実性を

補うためなのです。

「針生検が100%でないなら

 どうすれば良いのか?」

そんな疑問は当然あるでしょう。

その場合には

手術でしこりを切除して

成分を調べれば良いのです。

しかし

しこりを見つけるたびに

手術になりますので

世の中の女性が

傷だらけになります。

それを防ぐための

針生検なのです。

しこりは

御高齢になりましたら

自然に消失していくことが多いです。

しこりの予防は

現時点で確立されたものは

ございません。

以上です。

少しでも

お力になれましたら

幸いです。

これからも

よろしくお願い申し上げます。

応援しています!!


メルマガでは

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan