Rさまから、

ご不安のメールをいただきました。

非公開のご希望ですが

とても大切なご相談ですので

内容を一般化して

お答えさせていただきます。

ご安心くださいませ。

 
***************************

いつも先生の

笑顔になる魔法の言葉に

癒されています。

ありがとうございます。

これからの治療方針が心配になり

ご相談させてください。

昨年、非浸潤がんで

皮下乳腺全摘術を受けました。

病理の結果は、

皮膚側に癌露出とありましたが、

先生は追加切除しているから大丈夫と。

術後ホルモン療法を継続中です。

1年後の今年の採血の結果、

腫瘍マーカーが上がり始め、

再度検査しNCC-ST-439が23まで上がり、

他の腫瘍マーカーも

正常上限を超えてはいませんが、

上がり始めました。

ホルモン治療を変更し、

1か月ごとに採血をし

様子をみていくことになりそうですが、

このままでいいのでしょうか?

足の痛みや尾てい骨の痛みは

半年前よりあり、

骨シンチをしましたが、

異常なしでした。

腹部エコーや大腸がん健診も

異常はありませんし、

画像診断も異常はないといいます。

腫瘍マーカーの上昇の原因は

再発でしょうか?

不安で夜も眠れない毎日です。

今後の治療方針は、

経過観察のみでいいのでしょうか?

PETも考えてたほうが

いいのでしょうか?

長々と質問ばかりですみません。

よろしくお願いします。

****************************


高橋です。

メールをありがとうございます。

御指摘の通り

腫瘍マーカー上昇は、

再発の初期の症状である可能性が

ございます。

CTや骨シンチでは

何も証拠がないのに

腫瘍マーカーのみが上昇することは

ございます。

もちろん

何も問題ないことも

多々ございますが

医師としては通常は

再発の可能性を疑いまして

治療の追加や変更をおこないます。

その後、

3ヶ月や半年経過後に

CTなどで正体が見つかる場合もあります。

もちろん、

自然に

腫瘍マーカーが

正常化する事もございます。

今は

何が原因なのか

具体的には分かりません。

でも

治療の変更をされている

様子ですし

今はご心配なさらずに

治療をしっかり継続をなさって

くださいね。

これからも

応援しています!!


メルマガでは

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan