せきさまから、

ご相談メールをいただきました。

***************************

私の親戚が乳がんを患っております。

肺、肝臓に遠隔転移をしています。

抗がん剤を5年以上にわたり

打っております。

手足のしびれ、

体の部位が急につる、

爪がはがれるなど

かなり副作用があり、

また肝機能低下により

抗がん剤を半分に減らして

投与しています。

このまま抗がん剤を続けて

よいのでしょうか。

彼女は

打たなければすぐに

がんが増殖してしまうと言います。

あとはホスピスしかないと

話していました。

彼女は非常に気の強いポジティブな人です・・

私も何とかしてあげたいのですが、

何もできずにいます。

先生に少しでも

アドバイスをいただけたらと思います。

よろしくお願いします。

****************************


高橋です。

メールをありがとうございます。

ご指摘の副作用が出現はしているものの

5年以上もがん細胞を抑えることが

できていると判断すれば

現在の抗がん剤の継続が適切かと存じます。

もちろんご親戚が

これ以上副作用が耐えられない状況になれば

別の新たな治療のご相談を

先生になさってみてくださいね。

早期からの

緩和ケアによる苦痛の緩和が

生活の質を向上させ

生存期間を延長させることが

論文にて報告されています。

また、ホスピスに行かなくても

お家で緩和ケアをお受けになることも

可能です。

抗がん剤をやめて

副作用のない生活を

笑顔でご自宅で

お過ごしいただくことも可能ですので

「あとはホスピスしかない。」

と絶望的な気持ちになる必要も

ございません。

またご不安な時には

ご相談くださいね。

これからも

応援しています!!


メルマガでは

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan