ふーこさまから、

ご相談をいただきました。

***************************

1年前に超音波で嚢胞の指摘を受け

マンモグラフィーを受け

カテゴリー3で

半年ごとの経過観察になっておりました。

半年目は何ら変化はなかったのですが

先週、定期検査にて

一年前より明らかに石灰化が増えているので

マンモトームをしましょうと言われて

落ち込んでしまいメールさせてもらいました。

1年前の右胸石灰化カテゴリー3、

超音波は問題なし。

今回石灰化が増えてる、超音波問題なし。

マンモトームは

がんの宣告なんでしょうか?

マンモトームで怖くなり担当医に

「ヤバイんでしょうか?」

と質問したところ

ビックリしたように

「いやいやそんなことはない。

 10%の可能性がある。

 もしそうでも早期」

とおっしゃいました。

それ以上は、

「心配なんです。」

などと言っても

相手にもされず、

更に不安でいっぱいに

なってしまいました。

また呆然としてあまり覚えていません

予約も3週間後しかなく、

不安でご飯も食べられなく

なってしまいました。

石灰化が1年で増えているのは

やはり相当覚悟がいるのでしょうか?

40代後半、独身です

毎回yasu先生の

丁寧なアドバイスを見ていて

どうしても相談させていただきました。

よろしくお願いします。

****************************


高橋です。

ご相談どうもありがとうございます。

石灰化の原因としては

乳がん以外に、

良性のものとして

線維腺腫にともなうもの、

乳管拡張症にともなうもの、

嚢胞内に沈殿した

カルシウムによる石灰化、

外傷にともなう石灰化、

などがあげられます。

決して

増えているからといって

すべてが乳がんということでは

ないのです。

乳がんの確率が10パーセント、

という状況が

カテゴリー3という判断なのです。

主治医の先生が

おっしゃるように

早期で乳がんを発見することが

できたのならば

90パーセント以上の確率で

治癒させることができます。

今は慌てずに

しっかりと検査を受けて

診断結果を待ちましょう。

待っている時間は

つらいかもしれませんが

焦って

間違った行動をしたり

間違った答えを出してしまう方が

つらいです。

がんの結果が出たら

その時はしっかりと

治療をしていけばいい。

それぐらいのお気持ちで

どーんと

構えていてください。

まずは

余裕の笑顔、

余裕の行動、

余裕の心。

それが大事です。

どんなときも

慌てずに

行動しましょう。

必ず物事は

良い方向に

向かっていきますからね。

いつも応援していますo(*^▽^*)o


メルマガでは

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan