ゆうさまから、

ご相談メールをいただきました。

***************************

初めまして。

先日、主婦健診で乳がん健診を受けました。

結果が届き、

マンモグラフィーで

右乳房の右上に少数の淡く不明瞭な石灰化、

カテゴリー3

となってしまいました。

触診は異常なし。

先生のメールマガジンで、

「淡く不明瞭な石灰化は悪性ですか?」

の質問に、

「淡く不明瞭な石灰化を指摘される方は

 たくさんいらっしゃいます。

 ほとんどの方は良性です」

というのを見て、

次の精密検査日まで心の支えにしています。

それでも、不安で不安でたまりません。

まだ再検査で診断された訳じゃないのに、

悪いことばかり考えてしまいます。

そして、ついネットで

カテゴリー3で淡く不明瞭な石灰化

と調べてみると、

不安になるばっかりで。

そのたびに先生のお言葉を

信じさせてもらってます。

超音波検査まであと数日あります。

他の病院でも

早くに受けれるところがあればとまで

思ってしまいます。

失礼を承知で

メールを送らせていただいています。

淡く不明瞭な石灰化、カテゴリー3は、

ほとんど良性になる場合が多い

という希望を持ち続けて良いですか?

よろしくお願いします。

****************************


高橋です。

お問い合わせありがとうございます。

検診で引っかかると

それだけで皆様は泣きながら

外来においでになります。

そこで

こうしたメッセージを

皆様にお伝えしています。

カテゴリー3の石灰化は

10%の確率で乳がんのかたが

いらっしゃいます。

従いまして、

90%の方は大丈夫です。

ですから極度の不安を

持つ必要は無いのです。

ただし10人に一人は

乳がんが発見されることがあります。

ですからきちんと検査を受けて

きちんと治療を受けてくださいませ。

答えは誰にも分かりません。

心の片隅に

10%の覚悟の気持ちも持ちながら

怖がりすぎないことが

大事です。

応援しています。

これからもよろしく

お願いいたします(*^_^*)


メルマガでは

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan