まるさまから、

ご相談をいただいております。

***************************

高橋先生こんにちは

先日は外来でお世話になりました。

待合室で

順番を待っていた時の出来事です。

先に診察を終わって

出て来た人から

こんな話を聞いてしまいました。

「抗がん剤も、マンモグラフィも

 やらないほうがいいのよ」

と言うのが主な内容でした。

詳しい事を

聞き返すことができないまま

その人は帰って行かれました。

病気の治療方法は

様々ある事は承知していますが、

少し不安な気持ちになりました。

高橋先生にお聞きする程には

心の整理がつかなくて、

不安なまま帰りました。

抗がん剤も、

マンモグラフィも

乳癌の大切な治療の一環のはず。

それを否定されて、

しかも理由も分からずじまいで

不安になりました。

高橋先生にメールをしてみようと思って、

電車の中で開けたスマホに届けられた、

乳癌検診応援ブログに見いってしまいました。

相談者への力強い高橋先生のご回答でした。

電車の中で繰り返し読ませていただきました。

病気を治す!

高橋先生の力強さが伝わって来ます。

これからも強く引っ張って下さい。

高橋先生いつもありがとうございます(“⌒∇⌒”)

****************************


高橋です。

まるさま。

ご相談どうもありがとうございます。

おっしゃるとおり、

世間では

「マンモグラフィーなんて意味がない。

 害があるだけだ。」

「抗がん剤は毒だ。

 医者の金儲けのために

 患者は利用されているのだ。」

といった話が

まことしやかに語られているようです。

実際に

マンモグラフィーや抗がん剤で

恩恵を受けている患者様が

多くいらっしゃっても

医療に対する不信感は

最近多く御指摘を受けます。

医療不信は

医師の説明不足が

原因の多くを占めています。

その点は

私たち医師は深く反省し

態度を改めていかなければ

なりません。

しかし、

医療否定派の医師や、

様々な治療方法を

ご提案なさっている皆様により

様々なご意見が

作り出されています。

100人いれば

100人の意見があるのは

当然のことです。

大切なのは

患者様

お一人お一人が

検査や治療を受ける必要性を

感じ取り

医師や医療従事者から

十分な説明を受けて

納得して自分で選択すること、

です。

まわりは

気にする必要はありません。

私はまるさまを始め、

私の大切な患者様を

常に

自分の家族と考えて

検査や治療法を

お勧めしています。

だから

ご心配になる必要は

ありません。

まるさまの人生は

まるさまが

決めていけば良いのです。

何か言われたら、

「真実をご存知ないのね。

 ウワサに振り回されて

 お気の毒さま。」

と、つぶやいてみてくださいね。

これからも

応援しています(*^_^*)


メルマガでは

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan