ありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

「もう・・

 からだがうごきません。」

容赦無い西日が

あたるお部屋で

お一人で暮らしている

おじいさま。

先日夕方

往診に伺うと、

暑さをしのぐために

開け放たれた窓から

太陽がジリジリと

おじいさまを

照りつけて

いました。

誰もその日、

訪問者がなく

おじいさまは

一人で動けず

ただじっと暑さに

耐えていました。

私たちがお部屋を

訪れたとき

おじいさまは

ろれつが回らず

意識ももうろうとし

身体も動かない状況でした。

体温は38℃まで上昇。

失禁もされていました。

中等度の熱中症と

診断し

お部屋で

直ちに点滴を

開始。

優秀なスタッフのおかげで

迅速に血管を確保し

排泄物で汚れたお部屋も

綺麗にして

さし上げることが

出来ました。

同時に

ポカリスエットと

ロックアイスを

大量に購入してきて

身体を冷やし、

口からも

塩分、糖分入りの

水分を補給しました。

夜になり

お部屋の温度は

急激に下がり

快適な環境に

なりました。

おじいさまも

意識はしっかりとされ

体温も36℃まで下降。

「ありがとうございます。」

笑顔で私たちを

送り出して

くれました。

ひとまずは

命が救われました。

これから毎日

どのようにして

おじいさまを

守っていけばいいのか。

今日も、

答えを

探し続けます。

おじいさまのお話 その3

→ みんなだいすき

メルマガのお申し込みは

こちらをクリック↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan