こんばんは。
がん細胞が産生したり、がん細胞に反応する物質を腫瘍マーカーと言います。少量の採血で検査します。
 乳癌の腫瘍マーカーとしては、CA15-3, CEA, NCC-ST-439, BCA225などがあります。でも早期癌では異常値にはならず、転移があっても異常値を示さない場合があります。
 あくまでも癌の補助的な検査ですが、異常値を呈する場合には、この数字を参考に治療を進めて行きますので、とても大切な検査です。
 乳癌検診の際には、いきなりこれらを検査することはありませんが、もし明らかに癌が確定的な場合には、いろいろな検査と同時に腫瘍マーカーの検査も行います。
 今日は、川崎市乳癌検診のマンモグラフィー二次読影の日でした。マンモグラフィー100人分を、チェックしてきました。
 これからも、みなさんの命を守るために一生懸命がんばってまいりますので、よろしくお願いいたします。