いつもクリック♪

ありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

その日は

電気屋さんにいました。

携帯電話の手続きで

たくさんの人々が

並んでイスに座っていました。

私の隣には

若いママと

その向こうに

幼稚園ぐらいの男の子。

待っている私の顔を

男の子は

チラチラと見ています。

私の髪型が

お気に召したのか。

時々誰かに言われるように

アンパンマンに

似た私の顔が

不思議なのか。

あるいは

私が勝手に

思っているように

織田裕二さんに

似ているから

気になるのか。

いずれにしても

チラチラ

こちらを見たり

私の顔を

覗きこんだり

とっても可愛らしかったです。

私も、

ママに

「変なおじさん」

と思われない範囲で

男の子に向かって

ニコってしたり

そっと手をふったり

していました。

やがて

ママの順番が

回ってきて、

ママがカウンターに

座って

手続きを始めました。

ふと気づくと

男の子がイスを降りて

私の方に向かって

歩いてくるでは

ありませんか。

「どうしたどうした。」

心のなかで

軽く動揺しながらも

男の子に向かって

もう一度ニコッと

してみました。

次の瞬間

私の前に到着した

男の子の人差し指が

私の顔に向かって

伸びてきました。

ぷにぷに。

ぷにぷに。

男の子は

私のほっぺたを

指でぷにぷにすると

満足気な笑顔で

ママの元へ

帰っていきました。

やっぱり

アンパンマンだと

思っていたのですね。

ママは

お仕事に夢中で

気づきませんでした。

あとでママに

「今日、アンパンマンいたよ。」

って報告してくれるのかな。

とっても嬉しい

ひとときでした。

子どもたちの

あどけない笑顔を

守るために

ママたちの命を

守り続ける方法を

今日も考えなきゃって

思いました。

追伸:

3月20日 セミナー開催します。

残席5名様です。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372822

メルマガのお申し込みは

こちらをクリック↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan