ありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

厚生労働省の検討会が

「終末期医療」

という言葉を

「人生の最終段階における医療」

という言い方に

変えようと

提案しています。

「終末」

という言葉よりも

「人生」

に重点を置くことは

私も大切にしている

ことです。

「人生の終末」

は、

誰にも必ず

訪れます。

「終末」

は誰にでも

訪れるのです。

それならば

「人生」

に重きを置いて

暮らしていくべきと

私はいつも考えています。

私は

「終末期」を

担当する医師では

ありません。

患者様の

「人生」を

担当する医師です。

「看取り医」

でもありません。

患者様の人生を

「見つめ、支える医師」

です。

緩和ケアの概念を

変えていきます。

在宅医療の常識を

覆していきます。

ひとりでも多くの医師が

在宅緩和ケアを

担当できるように

医師たちの

意識改革を

していきます。

やるべきことは

たくさんありますね。

こうして

あなたに誓うことで

自分を叱咤激励

しています。

本当は

控えめな私ですが

あなたの前では

強くなくては

って

思います。

いつも

勇気を

ありがとうございます。

メルマガのお申し込みは

こちらをクリック↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan