ありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

今朝は

急いでいたので

朝ごはんを

逃しました。

おなかが

ギュルギュル言いながら

外来診療。

その時、私は

抗がん剤治療中の

患者様の

お食事量を

お聞きしていました。

60代男性。

大腸がんの抗がん剤治療中。

「食欲は

 落ちてないですか?」

そっとお聞きすると、

「ええ、大丈夫です。

 最近はお昼に

 すき焼きを

 いただいています。」

ギュルギュル。

すき焼きと聞いて

私のお腹が

反応します。

「へー、すき焼きですか?

 お家で

 召し上がるんですか?」

「いいえ、

 牛丼のすき家です。」

「すき家さん、

 凄いですね!!

 すき焼きがあるのですね。」

そう、言いながら、

また私はギュルギュル。

「他には何を

 召し上がりますか?」

「そうですね、

 お蕎麦屋さんで

 親子丼とざるそばの

 セットですね。」

ギュルギュル。

「それから

 親子そばも

 美味しいですよ。」

「親子そばですか?」

「ええ、

 卵と鶏肉が入った

 あったかいおそばです。」

ギュルギュル。

「他には?」

「あとは

 モナカも大好きですね。」

ギュルギュル。

ギュルギュル。

もう、

お腹が止まりません。

低血糖の頭のなかで

次々と幻覚が

浮かんでは消えます。

マッチ売りの少女のように、

ご馳走が次々と

頭に浮かびます。

でも、凄いですね。

最近は、

副作用予防のお薬のおかげと

抗がん剤の種類によって

食欲は

落ちないことが増えています。

それにしても、

空きっ腹で

診察はするものでは

ありませんね。

患者様が

お食事のお話をしている時の

しあわせなお顔が

唯一の救いでした。

さあ、

そろそろ

夕飯の時間です。

今日はちょっとだけ

不規則ですね。

また明日から

規則正しい食生活に

戻しますね。

あなたは夕飯

何を召し上がりましたか?

メルマガのお申し込みは

こちらをクリック↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan