いつもクリック♪

ありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

「たくさんのメールの中で、

 私からのメールに気づいて欲しい。」

心からそう思います。

私に毎日届くメールは約100通あります。

その中でも

目を引くタイトルのメールを

ついつい開けてしまいます。

それは戦略というものに

はまっているのかもしれません。

徐々にタイトルも過熱して

煽るようなものだったり

危険な香りのするものだったり

緊急事態を意味する内容だったり、

みんな様々に工夫をして

いらっしゃいます。

私もタイトルは

とても大切だと思っています。

でもメールの内容と

全く異なるタイトルでは

詐欺みたいですよね。

私は自分で毎日

あなたにお届けするメールの内容を

十分に吟味し

最後の最後に

タイトルを自分でつけます。

長い文章の一部を切り取ると

非常に危険な言葉に

なったりもします。

時には妖しい言葉に

なってしまうこともあります。

メールは

開いていただかないと

私の想いが

あなたに届きません。

インパクトのあるタイトルは

時に自分でも

恥ずかしさを覚えます。

「何、このタイトルは?」

とあなたに見つけて欲しいのです。

そんな中

「恥ずかしいタイトルのメールは

 削除しています。」

というご意見を

いただきました。

女性には恥ずかしいタイトルの

こともあるでしょう。

大変、申し訳なく思います。

ただし、

本文を読むと決して

妖しい内容ではないことは

分かっていただけると

信じています。

一言の重要性。

一言で起こる勘違い。

医療の世界では

一言が重要です。

その一言を

決して悪い方向に

受け止めてしまわないで

欲しいのです。

今までのメルマガのタイトルを

少しだけお伝えします。

「誰にも見せない秘密」

「こっそりとプレゼントします」

「あなたへの愛の形」

「愛されるカラダ」

「あぶない罠」

「凄いテクニック」

「恥ずかしい写真」

「限界を超える方法」

「あなたは秘密を守れますか?」

「実は隠してることがあります」

うん。

確かにちょっと大胆なタイトルに

なっていますね。

ここには載せきれない

数々のタイトルが

他にもありますからね。

私はあなたを

恥ずかしくさせるつもりは

ありません。

ごめんなさい。

最近は少しずつ

穏やかなタイトルに

なりつつありますので

一部の皆様からは

「物足りない。」

というご意見も

いただいています。

みんな色々な価値観があります。

すべての皆様に平等に

ご満足いただくのは

なかなか難しいですね。

ただし

御指摘を受けたら

改善すべき点と

譲れない部分を

自分の中で分析し

それをすぐに行動に移します。

それにしても

最近のタイトルは穏やかです。

「やっぱり思った通りでした。」

「チャンスは一度だけ」

「夢への近道」

「イメージが大事。」

「ちょいワル高校生ですね」

大丈夫でしょ?

明日はあなたに

どんなタイトルのメールを

お届けしましょうか?


乳がん無料小冊子プレゼント