いつもクリック♪

ありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

マンモグラフィーに関する不安は

皆さんのご相談で

最も多い項目です。

今日はこんなご相談を

いただきました。

,゜.:。+゜,゜.:。+゜,゜.:。+゜

母がマンモグラフィの検査を

したところ

「右の胸に腫瘍があります。

 要精密検査。」

と診断されたのですが、

その腫瘍が悪性か良性と診断される確率は、

どんなものですか?

そもそも腫瘍が無いってことはないですか?

長々と、すみません。

,゜.:。+゜,゜.:。+゜,゜.:。+゜

マンモグラフィー検診をお受けになって

結果がお手元にございましたら

御確認くださいませ。

カテゴリーという項目のとなりに

数字が書いてあると思います。

カテゴリー1は、「何もなし」。

カテゴリー2は、「何か所見はあるが良性」。

そして、カテゴリー3からカテゴリー5までが、

「異常がある」という状態です。

つまり要精密検査ということです。

一般的に1000人の方が

乳がん検診をお受けになった場合、

そのうち約30人の方が

カテゴリー3以上を指摘されます。

そのうち約2~3人の方が

乳がんと診断されるという

データがございます。

それぐらい乳がんの頻度は低いのです。

だからといって

油断してはいけません。

そのまま精密検査を

受けないでいると、

治る乳がんも

治らなくなってしまいます。

まずはしっかりと

精密検査を受けてくださいね。

マンモグラフィーに関する

ご不安に対するお答えは

メールマガジンでも

お答えしています。

→ http://smile-again.net/report/

いつもご訪問くださるあなたに

感謝申し上げます。

ブログに関する

あなたのご意見やメッセージを

よろしくお願い申し上げます。

→ http://blog.smile-again.net/soudan


乳がん無料小冊子プレゼント