いつもクリック♪

ありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

HER2検査として免疫組織化学的方法は勧められるか
その 4

近年欧米では,精度・再現性・治療効果予測性の観点から,初めからFISH法を用いることが提唱されている。トラスツズマブ病理部会作成の「HER2検査ガイド第三版」でも,IHC法とFISH法は並列の関係に位置付けられており,両者とも保険収載されている。

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

レストランに入ると

色々な気付きがあります。

最初にお店に

入って行った時の

店員さんの笑顔と

暖かい挨拶。

メニューを選ぶ時に

オススメを丁寧に

教えてくれたり

隠しメニューを

教えてくれたり。

飲み物がなくなれば

「お飲物は大丈夫ですか?」

と気にしてくれたり。

仲間と写真を撮ろうとすると

「お手伝いしましょうか。」

と、お声がけくださったり。

「いつものお料理で

 よろしいでしょうか?」

と、そっと

気持ちをくすぐってくれたり。

素晴らしいレストランでは

数え上げたらキリがないほど

素敵な経験が

たくさん出来ます。

もちろん、

お客さんの願いが

すべて叶えられる

レストランの方が

少ないかもしれません。

でも、

そういった

暖かいおもてなしを

ひとはいつまでも

覚えています。

それは病院でも

きっと同じだろうなって

いつも思っています。

レストランで

店員さんの態度が悪かったり

笑顔がないと

私も泣きそうになります。

きっと私たち医師が

病院で患者様に対して

同じように

冷たい態度をすれば

患者様は二度とその病院には

行かないでしょう。

レストランと病院。

「全然業種が

 違うではないか。」

「同じ土俵で話をするのは

 おかしい。」

そう言われるのは

わかっていますが

お一人お一人のお顔をみて

「どんな気分かな?」

「何がお好きなのかな?」

「笑顔でお帰りいただきたいな。」

という思いは

一緒です。

一緒にしては

いけませんか?

ひとを大切に思うことは

すべての職業において

とても大切なことです。

医療だけは特別。

そんな認識は

一度捨ててみることも

大事かもしれませんね。

,゜.:。+゜注目記事,゜.:。+゜

☆ それはある日突然に・・

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372562

☆ ワクワクが止まらない!

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372561

☆ 第5回ももいろリボンプロジェクト大成功(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372560

☆ 敏感な反応

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372559

☆ 踊らされてはいけない。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372558

☆ 良い患者、悪い患者。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372557

☆ 毎朝の覚悟

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372556


乳がん無料小冊子プレゼント