いつもクリック♪

ありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

非浸潤性乳管癌の亜分類は乳房温存療法後の局所再発予測に際して勧められるか
その 1

非浸潤性乳管癌(DCIS)は非浸潤癌の中の一組織型で,わが国では近年増加傾向にある。乳癌細胞は乳管・小葉内にとどまる限り,他臓器へ転移することはない。したがって,十分な検索がなされ非浸潤性乳管癌と診断された症例は,完璧な局所切除により100%治癒可能である。非浸潤性乳管癌の治療は,乳房切除を施行すれば根治できるという事実と,命にかかわらない病態なので乳房を温存したいという希望との狭間にあり,選択が難しい。非浸潤性乳管癌は臨床病理学的に多彩で,多数の亜分類が報告されている。非浸潤性乳管癌の治療選択に有用な亜分類について検討した。組織構築による亜分類には,面疱型(狭義,comedo type),充実型(solid type),篩状型(cribriform type),乳頭状型(papillary type),低乳頭状型(low papillary or micropapillary type),平坦型(flat type)などがあり,さらに二つの構築が一つの乳管内に併存するものとして,乳頭・管状型(papillo-tubular type),充実・乳頭型(solid-papillary type),篩状・面疱型(cribri-comedo type)などがある1)。しかし,組織構築による亜分類は,個々の乳管内癌巣については容易であるが,病変全体については難しいことがある。これは,多くの症例で病変内に複数の組織構築がみられるためで,より再現性の高い亜分類として,面疱型(広義,comedo type)と非面疱型(non-comedo type)の二つに大別する方法も提唱されている。組織構築による亜分類と治療については,面疱型が非面疱型に比較して有意に乳房温存療法後の局所再発率が高いという報告が複数認められる。

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

セミナーの詳細はこちら

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372538

デトックスって

興味あるでしょ?

デトックス。

それは

アンチエイジングの世界で

しばしば使われる言葉。

体の中の毒素を

外にだすこと。

でも、あなたは本当に

毒素を体内に

持っていますか?

医学の常識では

身体の中の毒素は

通常の生活をしていれば

自然と身体の外へ

出て行ってくれます。

それが

肝臓や腎臓の

大切な働きなのですから。

もし毒素をあなたが

体内に感じるのであれば

それは

心の中のモヤモヤかも

しれません。

心の中のモヤモヤは

泣いたり

笑ったり

仲間と楽しい時間を

過ごすことで

減らすことができます。

私たちに一番

大事なことは

感情のデトックス

なのです。

身も心も美しいあなたに

もともと

毒素なんてありません。

大丈夫です。

でも、

感情のデトックスを

するためには

思いっきり泣いてみたり

どん底まで

落ち込んでみたり

する必要があります。

つまり

感情を素直に表に出せる人は

いつも心がきれいで

いられるのです。

もちろん

みんなの前で

感情を爆発させると

いうことでは

ありません。

素直でいられる人の前で

思ったことを

自由に言えることが

大事なのです。

それができるのが

本当の仲間です。

私もそんな

あなたの本当の仲間で

いられたら幸せです。

感情のデトックス。

思いっきりして

より美しくなって

くださいね。

,゜.:。+゜注目記事,゜.:。+゜

☆ 新しいメンバーのご紹介

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372569

☆ 今度ゆっくりとね。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372568

☆ 独りよがりの危険性

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372567

☆ 院内乳がん勉強会開催

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372566

☆ 拭いきれない不安

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372565

☆ 喧騒の中で思うこと

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372564

☆ 自分との語らい

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372563


乳がん無料小冊子プレゼント