乳癌検診応援ブログ
諦めない女性を 外科医 高橋 保正
が応援します

乳房MRI検査について

2008年02月15日
85PV

乳癌検診に必要な検査として、視診触診とマンモグラフィ、そして乳腺エコーがあります。
これらの検査を組み合わせて、合格かあるいは不合格を見極めていきます。
これで診断がつかない場合には、状況によりますが乳腺のMRI検査が有用であることがあります。
MRI検査は、体に無害で、何回でも行うことのできる検査の一つです。
これでも診断がつかない場合には、しこりに針をさして組織をとり診断をつけていきます。
痛い思いをする前に、MRI検査を希望される方は、担当医の先生に聞いてみてください。
もしMRI検査の有用性をご存じない先生でしたら、受診先を考えなおした方がよいかもしれません。