乳癌検診応援ブログ
諦めない女性を 外科医 高橋 保正
が応援します

石灰化とは

2008年02月16日
78PV

乳癌検診を受けたことがあるかたは、石灰化という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
マンモグラフィーで、白く細かい砂粒のように写るもののことです。
これは、分泌型と壊死型に分かれ、分泌型は乳管または小葉内の分泌物の中に形成される石灰化です。これは、良性と悪性の両方の可能性があります。
一方、壊死型は壊死によって形成されます。これは悪性石灰化の代名詞であり、その特異的な形だけで悪性と診断がつくこともあります。
ぜひ。一刻も早く乳癌検診を皆様が受けられることを希望します。
そして、一刻も早く安心を手に入れてにっこりできますように。