川崎市の在宅治療・緩和ケア
無料小冊子

メールアドレスを入力してください

小冊子お申込者様には、
無料メールマガジン「7日間集中プログラム あなたを助ける乳がんの基礎知識」
および「Dr.Yasuuの笑顔になる魔法!」を定期的に配信いたします。
登録も解除も無料です。

記事内検索できます!
投稿いただいた方
お名前を入れてね

調べたい言葉もどうぞ!
カスタム検索

<< April 2016 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Selected Entry
Recent Comment
おすすめです!
忙しいパパが知っておきたい楽しく子育てするための心得

子供の力を伸ばす対話術
feed







ランダムに広告が表示されます。
高橋がお勧めしている治療とは
限りません。
Recent Trackback
Categories
Archives
Links
qrcode
↑ケータイで読む↑
メルマガのお申し込みはこちらをクリック↓↓




Facebookの購読者数300人突破!感謝です。
2016.04.30 Saturday 09:09 | yasuu
乳がんの経過観察
潜在性乳がんは

ホントに

姿の見えない

乳がん

なのでしょうか?



潜在性乳癌の

基本的な治療方針は

乳癌に準じた

全身療法に加えて

乳房切除と

腋窩リンパ節郭清

である。



乳房切除検体の

詳細な病理検索により

大半の症例で

原発巣が認められることが

その根拠とされてきた。



しかしこれらは

2000年以前の症例で、

乳房の診断方法が

視触診、マンモグラフィーに

限られている時代の

検討であった。



近年

MRIの使用により

乳房内の微小病変の

検出率が

高まっている。



時代の変遷とともに

乳がんの検出率が

高まっています。



今までは

見えなかった乳がんが

見えるようになると

今度は

その乳がんを

そのまま経過観察して

良いのか悪いのか、

という議論になります。



「できれば

 経過をみたい。」



「手術しなくて良いなら

 したくない。」



そんな

患者様の言葉が

聞こえて来るようです。



それならば

検診自体の

意義も

見つめなおさなくては

いけません。



異常が分かっても

こわいから

放置する。



それも

ひとつの選択肢。



でも

時間の経過とともに

病状が進行すれば

もっと

患者様をつらいめに

合わせてしまいます。



早い段階で

痛みに耐えて

治療をおこなうことで

将来の苦しみを

回避することが

できます。



それはいつも

覚えておく必要が

あります。



先送りは

必ずしも

得策ではないのです(*^_^*)



(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)



メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓

乳がん無料小冊子プレゼント


在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com



ご相談はこちらから(*^_^*)

→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/toiawase.htm

クリックをお願いいたします。
| みなさまへ その7 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016.04.29 Friday 08:04 | yasuu
隠れた乳がん
見つけることの

できない乳がん。



それが

潜在性乳がんです。



近年、

乳房内の小病変に対する

感度が高いMRIの出現により

乳房内に病変が存在しない

潜在性乳癌を

選び出すことが

可能となってきた。



腋窩リンパ節に

乳癌の転移を認めるが

乳房内には

原発巣が発見されないものを

潜在性乳癌と呼ぶ。



局所療法として

腋窩リンパ節郭清が

必要であるが

この際に

同側乳房には

乳房切除、

乳房非切除+全乳房照射、

乳房非切除+非照射(経過観察)



3つの治療方針が

挙げられる。



見えない敵と

どう闘うか。



乳がんの治療においては

それが大事です。



乳がん手術後の

抗がん剤治療も

放射線治療も

ホルモン治療も、

見えない敵との

闘いです。



何もそこに

いないかもしれない。



でも

そこに乳がんが

いたとしたら

再発してしまう。



だからこそ

見えない敵を

徹底的に

叩いておく。



その考え方が

大切なのです。



明日も

潜在性乳がんについて

学んでいきましょうね(*^_^*)



(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)



メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓

乳がん無料小冊子プレゼント


在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com



ご相談はこちらから(*^_^*)

→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/toiawase.htm

クリックをお願いいたします。
| みなさまへ その7 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016.04.28 Thursday 07:32 | yasuu
乳房切除後疼痛症候群のまとめ
乳房切除後疼痛症候群に

特効薬は

あるのでしょうか?



乳房切除後疼痛症候群に対する

薬物治療の

ランダム化比較試験は

少数存在するが

いずれも小規模の検討で

薬剤の効果を十分に示す

エビデンスとは

言い難いため、

現時点で

乳房切除後疼痛症候群に対する

薬物治療の有用性は

明らかではない。



しかし

乳房切除後疼痛症候群で

悩む患者は多く

疼痛は慢性的で

長期にわたるため、

神経障害性疼痛の

治療指針を参考にして

効果と安全性を

観察しながら

慎重に投与する必要がある。



具体的には

乳房切除後に

我慢できないほどの

痛みを感じていらっしゃる

患者様には

順番に

可能な限りの治療を

おこなっていくことが

正解なのです。



痛みの感覚は

お一人お一人

異なります。



女性は

一般的には

痛みに強いと

言われています。



それでも

耐えられない痛み

なのですから

きちんと一歩ずつ

解決して

差し上げたいです。



「痛みは気のせいだ。」



そう主治医の先生から

厳しく言われた。



そんなご相談も

いただきます。



患者様の痛みを

いつも

感じ取れる医師でありたい。



そう思います。



今日も

患者様の体の痛み、

心の痛みが

緩和されますように

お手伝いをさせて

いただきますからね(*^_^*)



【関連記事】

乳がん手術後の痛み

神経障害性疼痛の治療

神経障害性疼痛のお薬



(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)



メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓

乳がん無料小冊子プレゼント


在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com



ご相談はこちらから(*^_^*)

→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/toiawase.htm

クリックをお願いいたします。
| みなさまへ その7 | comments(0) | trackbacks(0) |

/ 1/945PAGES / >>