川崎市の在宅治療・緩和ケア
無料小冊子

メールアドレスを入力してください

小冊子お申込者様には、
無料メールマガジン「7日間集中プログラム あなたを助ける乳がんの基礎知識」
および「Dr.Yasuuの笑顔になる魔法!」を定期的に配信いたします。
登録も解除も無料です。

記事内検索できます!
投稿いただいた方
お名前を入れてね

調べたい言葉もどうぞ!
カスタム検索

<< February 2016 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829     

Selected Entry
Recent Comment
おすすめです!
忙しいパパが知っておきたい楽しく子育てするための心得

子供の力を伸ばす対話術
feed







ランダムに広告が表示されます。
高橋がお勧めしている治療とは
限りません。
Recent Trackback
Categories
Archives
Links
qrcode
↑ケータイで読む↑
メルマガのお申し込みはこちらをクリック↓↓




Facebookの購読者数300人突破!感謝です。
2016.02.07 Sunday 06:51 | yasuu
乳頭分泌細胞診クラス3
まなさまから

再度のご相談です。



********************

先生、

こんにちは。



先日、

乳管内乳頭腫について

相談した者です。



今日、

紹介された大学病院に

行きましたところ、



「もう一度

 超音波で確認して、

 腫瘍が無ければ

 生理的な分泌物だから

 放置で良い」

 との事でした。



分泌物の

細胞診クラス3は、

良性寄りの3とのことです。



マンモと超音波は

最初のクリニックでも

やっているので、

もっと違う検査を

しなくて良いのかな?

とも思い

質問をしましたが、

黄色の分泌物だし、

超音波で何も無ければ

必要ないとのことでした。



次回の診察で

超音波の結果を聞きますが、

異常なしとの場合でも、

これは聞いた方が

良いことはありますか?



先生のメルマガで、

毎日元気をいただいてます!



*********************

高橋です。



まなさま。



ご相談をありがとうございます。



先生の

おっしゃるとおり

乳腺エコーで

何もなくて、

黄色い乳頭分泌物で

クラス3

でしたら

経過観察で

良いと思います。



乳腺エコーで

少しでも

しこりがあれば

乳管造影や

乳腺MRIなどを

お願いしても

良いでしょう。



乳頭分泌液の

クラス3の

多くは良性です。



最初は

半年後ぐらいに

超音波の再検査や

乳頭分泌液が

まだ出ていれば

分泌液の細胞診の

再検査も

していただくのが

良いでしょう。



まなさま。



これからもずっと

応援していますからね(*^_^*)



以前の

まなさまからの

ご相談です。

→ 「乳管内乳頭腫の診断」



メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

がんの知識と

日々を強く生きていくための

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓

乳がん無料小冊子プレゼント


在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/toiawase.htm

クリックをお願いいたします。
| みなさまへ その7 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016.02.06 Saturday 08:00 | yasuu
初経年齢と乳がん
どのような女性に

乳がんが発症する傾向に

あるのか。



連日

お伝えしています。



今日は

生理と乳がんの

関連について

考えていきます。



早い初経年齢は

乳癌発症リスクを

増加させることは

ほぼ確実である。



2012年に報告された

欧米の

メタアナリシスでは

初経が

1年早まるごとに

5%ずつ有意に

リスクが増加すると

報告されている。



日本人女性に

おいても

早い初経年齢は

乳癌発症リスクを

増加させることが

示されている。



米国での

メタアナリシスでは

遅い初経年齢は

ホルモン受容体陰性乳癌

よりも

ホルモン受容体陽性乳癌

のリスク低下に

寄与していた。



人生の

早い段階から

女性ホルモンが

活発に活動を

始めることが

乳がんの危険性を

高めるのですね。



すべての

乳がんの危険性は

女性ホルモンの分泌と

関連づけて

考えると

理解しやすいですね。



明日は

いただいた

ご相談に

お答えいたしますね。



何か

ご質問があれば

ご遠慮なくどうぞ。



毎日

ご訪問いただき

どうもありがとうございます(*^_^*)



(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)



メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓

乳がん無料小冊子プレゼント


在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com



ご相談はこちらから(*^_^*)

→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/toiawase.htm

クリックをお願いいたします。
| みなさまへ その7 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016.02.05 Friday 08:29 | yasuu
高身長と乳がん
身長の高い女性にも

乳がん発症の

可能性があります。



World Cancer Research Fund(WCRF)



2007年11月に出版した

報告書では

メタアナリシスの結果

5cmあたりのリスク増加は



閉経前の

コホート研究で9%、

症例対照研究で4%、



閉経後の

コホート研究で11%、

症例対照研究で2%

であった。



この結果をふまえ



閉経前では

「ほぼ確実」



閉経後は

「確実」





リスク要因と

評価されている。



ガイドラインでは

明確に

何センチ以上で

危険性が増すという

結論には

いたっていません。



身長は

遺伝的な要因も

ありますが

環境や

食生活、

栄養状態などが

複雑に影響しています。



様々な要因により

結果として

高身長と

なるものの、

同時に

成長ホルモンの活性化や

女性ホルモンの活性化が

乳がんの危険性増加に

影響を及ぼすことが

可能性として

考えられています。



身長は

誰にもコントロール

することのできない

ものです。



ただ

そのような

事実があるという

知識を

身につけましょう。



(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)



メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓

乳がん無料小冊子プレゼント


在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com



ご相談はこちらから(*^_^*)

→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/toiawase.htm

クリックをお願いいたします。
| みなさまへ その7 | comments(0) | trackbacks(0) |

/ 1/917PAGES / >>