乳癌の臨床的腫瘤径評価に超音波検査を行うことは勧められるか
その 1

正確な乳癌腫瘤径の測定は術前の病期診断,切除術式の決定,適切な術後補助療法の選択のために重要である。しかし最近の乳癌治療において,ステージを含め正確な術前腫瘤径測定の意義は少なくなってきている。乳癌の治療予後を決める因子が腫瘤サイズよりも腫瘤本来の性格により強く依存することが判明してきたからである。一方,乳癌診療における腫瘤性格を把握することの重要性が,乳癌の術前療法を普及させ,結果的に超音波による腫瘤径測定が再び重要視されてきている。この術前療法中は治療効果のモニタリングが重要であるが,最も簡便で安全な指標が超音波腫瘤径であり,正確な腫瘤径測定の必要性を臨床医は強く感じている。

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

昨日、胃カメラを受けていて感じました。

先が見えることの大切さを。

今、先生は一体何を考えて検査をしているのか。

この先には一体何が待っているのか。

いつになったら検査が終わるのか。

そういった情報はとても大切です。

「今は胃の入り口です。」

「これから十二指腸に入ります。」

「今は胃の中に戻って、

 全体をよく観察しますね。」

「残りあと一分ぐらいです。」

「身体の力を抜いて、

 顎を上げるようにすると楽ですよ。」

「お口のなかに溜まったものは、

 飲み込むとむせちゃうので、

 全部出してくださいね。」

医師や技師さんのひとことひとことが、

深い安心をプレゼントしてくます。

すべてのことに

たくさんのヒントがありますね。

あなたは

今何か行動に踏み切れず

躊躇していることはありませんか?

先が見えずに前に進めなくなっていませんか?

勇気を持って一歩を踏み出せば

必ずその先には、

新しい世界が待っています。

新しい気づきがあります。

あなたを支えてくれるひとがいます。

その気づきが、その支援が

あなたを成長させてくれるのです。

もし正解が分からず

行動できない時。

行動をすることが

すべて正解へつながって行くのだと

いうことを覚えていてくださいね。

いつも応援しています。

,゜.:。+゜注目記事,゜.:。+゜

☆ 不安にさせてゴメンね。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372474

☆ 【最終確認】

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372473

☆ もうひとりの自分

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372472

☆ 【予告 あと2日です】

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372471

☆ 暗闇の中の光

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372470

☆ 満点ママ

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372469

追伸:

「あなたを助ける乳がんの基礎知識」7日間集中プログラム

および

乳がんの診断を受けたときにあなたの強い味方になる

「主治医への質問リスト」

はメルマガにご登録いただいた方すべてにプレゼントしています。



高橋メルマガ お申し込み
メールアドレス

正しいメールアドレスでないと、お届けできません。
また、迷惑メール設定などによりお届けできない場合があります。

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
クリック強化月間です!!
blogrank banar.gif
高橋の無料動画公開中です。
→→ http://ameblo.jp/dr-yasuu/entry-11357349237.html

高橋の原点は→→ こちら

 

 高橋のホンネが聞けるメルマガへご登録はこちら!
 明日、特別なメッセージをお送りします。↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ