葉状腫瘍について

ご相談を受けることが

ございます。


葉状腫瘍は

比較的稀な

結合織性および

上皮性混合腫瘍の一つであり

良性から悪性まで

多様な生物学的特徴を

呈する。

組織学的には

良性、

境界病変、

悪性の3つに

分類される。

形態は

境界明瞭、

多結節性、

無痛性の腫瘤で

線維腺腫との鑑別が

問題となるが

急速に増大する場合は

葉状腫瘍を疑う。


葉状腫瘍は

とてもまれな腫瘍です。

その中には

悪性のものもあります。

また、

局所再発しやすい性質があるので

手術も注意が必要です。

まれな腫瘍でも

しっかりと

知識をつけておくことが

大切です。

明日も

引き続き

お伝えしていきます(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan