ね、そう思うでしょ。

妊娠期乳癌に対して化学療法は勧められるか
その4

妊娠期乳癌患者へのメトトレキサートの投与は,流産や奇形のリスクを高めるだけでなく,その成分は羊水にとどまりやすいため,避けるべきである。また,タキサン系薬剤に関しては,パクリタキセルで敗血症,ドセタキセルで水頭症が新生児で発症しているが,乳児期以降は健常である。しかし長期的な安全性が確認されていないため,現時点ではタキサン系薬剤は使用しないほうがよいと考えられる。ビノレルビンに関しても,低出産体重児の報告があるが,長期の安全性が確認されていないため投与は行うべきではない。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

 乳がん検診伝道師の

 外科医 高橋保正です。

 乳がん検診受診率100%の日本を目指して

 日々活動しています。

 苦悩しています。

 往診しながらがんの患者様を支えている

 医師、看護師さん、ヘルパーさん、薬局さん。

 皆さん患者様やご家族さまを支えるために

 苦悩しています。

 おうちでお一人の患者様もいるし、

 お年寄りのご夫婦二人暮らしの方もいらっしゃいます。

 みんなが笑顔でいられるように、

 患者様を支え、ご家族を支える。

 それは並大抵のことではないのです。

 時間で区切られた業務ではなく、

 夜間や休日など病院がやっていない時間にこそ

 ニーズがあります。

 ですから往診のスタッフたちは、

 自分たちの時間を犠牲にしながら、

 患者様、そしてご家族さまを支えています。

 でも彼女たちは、

 自分たちのできる事を考えながら、

 苦悩しながらも、懸命に答えを探しています。

 どうすればしあわせな時間をプレゼントできるのか。

 どうすればみんなが笑顔でいられるか。

 それは往診のスタッフでなくても、

 病院スタッフ、クリニックスタッフ

 みんなが常に考えていかなければなりません。

 大切なのは、限界を自分で決めないということです。

 これは無理、これは誰もやってないからダメ。

 そんな限界を自分で作ってはいけませんよね。

 自分で限界を決めないこと、

 そして自分一人ですべてを解決しようとはしないこと。

 それが大切です。

 患者様、ご家族さまの笑顔を守るために

 私たち医療者がやるべきことはたくさんあります。

 医療スタッフはみんなで心を一つにしましょうね。

 あなたの家族が、

 そしてあなたがもし病気になった時、

 命を任せても良いと思えるチームを作っていくことが

 大切だと思っています。

 ね、そうでしょ?

 あなたもそう思うでしょ(*^_^*)

 こんな高橋でよろしければ

 私も参加するセミナーへの皆様のご参加

 お待ちしております。

 直接高橋の生き方を見に来てくださいね。

 
輝く女性のためのセミナー」で

 あなたをお待ちしています!!
 →→ 特典を今すぐ手に入れる!

 

 高橋のホンネが聞けるメルマガへご登録はこちら!
 明日、特別なメッセージをお送りします。↓↓


reportbanner.png

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ