誰のことかな?

妊娠期乳癌に対して化学療法は勧められるか
その7

また,ビスフォスフォネート製剤に関しては,妊娠中期・後期に投与し安全であったとする症例報告があるのみで、胎児の発育に問題はないものの、出生後に副甲状腺機能低下症から低カルシウム血症をきたすことも報告されており、現時点での安全性は確保されていない。現時点でのデータは非常に限られており、結論を導くことは困難であるが、以上の結果から、妊娠前期での化学療法は避けるべきであると考える。妊娠中期・後期での化学療法の長期的な安全性もまだ確立されているとはいえないが、必要と判断される場合には、産科医,小児科医との連携を取りながら、化学療法を行うことが推奨される。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

 乳がん検診伝道師の

 外科医 高橋保正です。

 乳がん検診受診率100%の日本を目指して

 日々活動しています。

 今朝のメールマガジンでは、

 月曜日がいかに危険な日なのかを

 お伝えしました。

 そして今、

 非常に危険な状況に

 陥っています。

 予想通りです。

 今日は不眠不休かも

 しれませんね。

 そう言いながら

 ぐっすり寝る作戦です!

 明日も外来ですし、

 外来患者様のためにも

 きっと全てが落ち着いていく

 ことでしょう。

「きっとすべてはうまくいく!」

「うまくいかないはずがない!」

 私は何をするにしても

 いつもそう思っています。

 どんなに「もうだめかも!」

 っていうような状況でも

 私は一発逆転ホームランを打つことができます。

 それも

「自分は何をしても全てがうまくいく!」 

 そう強く信じるだけでいいのです。

 あなたも自分の力を信じて、

 自分の強い運命を信じて、

 必ずすごい事を起こせることを

 信じましょう!

 それは必ず現実になりますからね!

 さらなる人生のヒントが欲しい方は・・

 「輝く女性のためのセミナー」で

 あなたをお待ちしています!!
 →→ 特典を今すぐ手に入れる!

 

 高橋のホンネが聞けるメルマガへご登録はこちら!
 明日、特別なメッセージをお送りします。↓↓


reportbanner.png

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ